婚約指輪の歴史

結婚されている方たちのなかで、結婚指輪をされている方は当然多いですよね。
では婚約指輪に関してはどうでしょうか。
結婚指輪はしているけど、婚約指輪に関してはもらっていないという声もあるでしょう。
そもそも婚約指輪は着用する期間が短いうえに高価な代物ですよね。
男性にとっては結構大きい出費です。
その後の結婚のことを考えてもできるだけお金はかけたくありませんよね。
しかしながら、それだけに女性にとってはとても憧れの存在ではないでしょうか。
では婚約指輪とはいったいどういうものなのか。
あまり深く考えていないテーマですが、少しみていきましょう。

婚約指輪とは、婚約を記念して男性に女性に贈る指輪のことを指します。
日本では「エンゲージリング」ともよばれていますね。
これは記念に贈るものという意味合いだけでなく、一生相手を愛し続けるという誓いを込めた指輪です。
確かに女性には嬉しいものですね。
また、ダイヤモンドリングというのも一般的な認識ですね。
基本的には女性の左手の薬指に着用し、必ずといっていいほど男性からのプロポーズが発せられているのが大きな特徴です。
世の女性にとって一番幸せな瞬間といっても過言ではありません。
これは日本だけでなく万国共通といえるのではないでしょうか。

そんな婚約指輪ですが、いつごろから存在したものでしょうか。
また、なぜ女性の左手の薬指にはめるのでしょうか。
以外にも知られてないですよね。
ここでは婚約指輪の歴史をご紹介していきます。



〔PICKUP-SITE〕
婚約指輪の品ぞろえが豊富な宝飾店のサイトです ... 婚約指輪